【イベント】貊村(myakuson)のオリーブオイル試飲会&「資本主義の向こう側」お話会

重要【開催時間訂正のお知らせ】

要望多数により、開催時間を少々遅らせて17:30からのスタートとします。
度々の変更申し訳ありません!


 


三宅洋平さん推薦!一風変わった株式会社

三宅洋平さんが紹介したことで巷で話題になった、貊村(myakuson)という会社。
なにやら「これまでの資本主義を変える方法を思いついた」という和尚さんが立ち上げ、まずは日本の食卓にホンモノの油を提供し、利益を出さないことを理念に活動を始めた会社ということでした。なんだコレ面白そう!と読み進めていくとなんと驚いたことに、ぼくの旧友が社長になっているではありませんか!といういきさつはこちらのページにてご紹介しています。

貊村(みゃくそん)ー行き詰まった資本主義をそろそろ終わりにしよう

 

この会社の理念のひとつは「利益を出さないこと」と述べましたが、まずこの社会における資本主義の問題点を貊村(myakuson)発案者の唖樵(あしょう)さんは以下のように考えています。

資本主義の問題点とはなんだろうか?
それは「株主に配当し続ける」ことを義務づけられた会社のあり方である。
よって、会社は利益を生み出し続けることを宿命とする。

そのために、生産者からはより安く買い、消費者へはより高く売ることを目指す。

「安く買いたたき、高く売りつける」

株主への配当、経営陣への超高額な年俸といった会社の利益のために、生産者(労働者)と消費者が犠牲になっている構図だ。

この問題を解決するために、貊村の株主制度は「1株1000円、ひとり1株まで」というルールを決めました。
そして「1万人の株主と作る会社」を目指しています。

1万人の株主が1,000円づつ出し合って、良質なオリーブオイルの産地とつながる会社を作る。会社で苦労するのは、立ち上げ資金。まだ売り上げを生み出さない事業に対しての先行投資が必要だが、1万人いれば1,000円で1,000万円になる。「寡占」と「独占」が生まれないように、どんなに富裕な者でも1株以上は保有できず、株の売り買いもできない事にする。

株主への利益の配当はありませんが、あえて「配当」と呼ぶならばそれは良質なオリーブオイルを適正な価格で購入できる権利、これが配当と言えるでしょう。

 

1人が年に10本(1本:500ml)消費することを約束すると、10万本分の注文の買取価格が確定することで、産地は安心して有機や無農薬に取り組むことができる。

仕入れや瓶詰め、輸入にかかる経費(原価:700円)


国内での送料、保管・運営の経費、人件費(実経費:500円)

という最低限のコストでの運用が可能になると、売り値 3,500円レベルのナチュラル・オリーブオイルが1,200円で販売可能になる。

 

誰からも搾取せず、自らも搾取されず、生産者もハッピーで、無農薬だから地球も傷つけない。
こんな風にいろいろなものが生産されたらすごくいい社会になりますよね。唖樵(あしょう)さんは最終的にはそこを目指しています。

 

「これを、米、麦、味噌、醤油、と色んな品目に1つづつ、増やしていくことに投資すれば命を大切にした新しい経済が生まれる。品目ごとに会社が一つ増えて、また雇用も生まれる。」

「あと2年で、オリーブオイルは私が軌道に乗せる。そこから先は、君のような若い人たちが引っ張って欲しいんだ」

まるで社会実験のようでもありますがこのシステムで1万人の食卓にサステナブルなオイルが届き、かつ貊村(myakuson)という会社も持続可能なシステムが出来上がれば。これは時代を変えるひとつのモデルケースになり得るのではないかと考えます。

 

そんなみゃくそんの村長後藤由美子のスピーチはこちら!

 

とにかくこのオリーブオイルがものすごく美味しいんですって!

 

熊野に唖樵さんと後藤由美子さんが来るよー!

14324176_978042505637786_1108844260559165719_oそんな古いご縁もあって、貊村(myakuson)社長のゆみ姉さんが熊野にてお話会を開いてくれることになりました。
貊村(myakuson)発案者の唖樵(あしょう)さんもご来場、お話を聞くことができます。実は唖樵さんは3月いっぱいでオイルの生産地のスペインに旅立つそう。なので日本で直接彼のお話を聞けるのはしばらく機会がないのでは、と思います。

この機会を逃すことなく!

なんだかきな臭い!怪しい!と思ったあなた。
とりあえず話を聞いて、美味しい油を舐めてみませんか。
話を聞いた上でやっぱり理念に共感できなくても、美味しい油と適正な価格は保証されています。

当日は油をただ舐めるだけではなく、実際に料理に使ってみて、ご注文いただけるように数種類のおつまみメニューをご用意しています。時間帯が微妙なので、夜ご飯も済ませられるようにお米も準備しておきますね。

お子様づれでのご参加もぜひぜひ♫
(保育園のお迎えの時間帯を考えて17時からにしてあります。16時〜ご来場可能です。)

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 

イベント詳細

3月6日(月)17時30分〜19時半くらい
会場:Guesthouse ikkyu
参加費:無料
おつまみ:有料(¥200〜)
連絡先:080-1297-0758(森)

駐車場について

駐車場は道路を挟んで向かい側、工事中の河原を使用させていただく予定です。
指定の場所以外に駐車しないようご注意ください。(ご近所さんに怒られます)
当日は駐車場係が…いるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA